.

高校大学と、私は勉強よりもアルバイトに精を出していました。一番はやはりお金のためで、好きなものを気兼ねなく購入したくて始めたことですが、初めての仕事というものにもだんだんやりがいを感じてきて、そこに楽しさを見出したりもしていました。 新聞配達のバイトから始まり、ガソリンスタンドやコンビニ、ホームセンターからイベントスタッフなどいろいろなアルバイトを経験していきましたね。飽きっぽいのもそうなのですが、なるべくいろいろなところで働いて、自分に向いているものを探したいと考えていたので、多くの仕事は半年間くらいの短期で雇ってもらっていました。 短期だと、仕事を覚えるのも忙しいですし、慣れてきたころに職場が変わったりして大変なのですが、その分たくさんのよい経験をすることができました。接客から裏方仕事、黙々と作業をする技術職まで、どれもその仕事ならではのしんどさと面白さというものがありましたね。 今の仕事はごく普通の会社員なので、当時のことが生かされているかどうか確かにはわからないのですが、必ずよい経験になっていると信じています。

Copyright (c) 2000 www.standardtrustghana.com All Rights Reserved.